2021年 10月

17日10月10/17(日)名物ガイドと250年前の大和へ!菅笠日記でたどる壷阪寺から岡寺まで旅日記の名作で大和を歩く9:30 午前 - 4:30 午後 近鉄壺阪駅

ツアー概要

江戸時代の国学者・本居宣長が記した「菅笠日記」。1772年3月5日から14日までの10日間、松坂から吉野、飛鳥を旅した際の日記です。今回は眼病封じで知られる壷阪寺から、土佐街道を通り、飛鳥へと向かいます。道中、通常非公開の光永寺に伝わる人頭石や、檜隈寺跡なども立ち寄ります。

来年2022年は「菅笠日記」が世に出て250周年。本居宣長が歩いた道、当時の大和の風景をイメージしながら、奈良まほろばソムリエの雜賀耕三郎さんにご案内いただきます。

more

時間

(日曜) 9:30 午前 - 4:30 午後

集合場所

近鉄壺阪駅

お申込み

代金 ¥5,500

参加人数 -1 +

Total Price ¥5,500

X
X