2020年 6月

06日6月終了しているためお申込みはできません【催行中止】6/6(土)義経を愛する研究者と行く!全国の義経伝説を訪ねて【母の懐に抱かれて、雌伏の地・宇陀】史実と伝説が織りなすドラマティックな旅9:00 午前 - 5:45 午後 近鉄大和八木駅

ツアー概要

今から860年前の旧暦1月、平治の乱で夫・義朝が討たれたと聞いた常盤は、平家の手から逃れるため、8歳の今若と6歳の乙若を連れ赤子の牛若(義経)を抱いて、京都から大和国宇陀郡に落ちていきます。その25年後、異母兄・頼朝から追われる身となった義経もまた宇陀に潜みます。常盤・義経親子と宇陀の関わりは、菟田野や大宇陀地域に多く残る史跡と普段は公開されていない仏像、それを守る方々が物語ります。
史書には残されないいくつもの真実を発見する旅に出かけましょう。

時間

(土曜) 9:00 午前 - 5:45 午後

集合場所

近鉄大和八木駅

お申込み

発売前、満席、又は終了しているためお申込みはできません

X
X